合成鋼管


合成鋼管とは?

外側の鋼管と内側の膨張性コンクリートが一体化した推進管です。極めて大きな剛性により急曲線施工や大深度地下への利用、長距離推進に最適な製品です。

カタログ・資料

合成鋼管カタログ

合成鋼管カタログ
PDF(7.5MB)


特長

あらゆる現場に最適

現場状況に合わせて、呼び径、鋼管厚、有効長および継手形状を選択できるため、合理的な設計が可能です。

急曲線推進に最適

継手性能は、日本下水道協会規格、JSWAZ A-2の継手性能と同等以上で、また有効長の短い製品を製造できるため、急曲線推進が可能です。

高水圧に最適

継手部は高い水密製を有しており、06Mpaまたは、1.2Mpaの選択が可能です。

大深度に最適

コンクリートライニング層に。大きなブレスストレスを導入しているので、外圧に対するひび割れた荷力が大きく、大深度施工が可能です。

雨水貯留管に最適

本体強度および継手の止水性能が高いため、雨水貯留管として使用できます。また、高い内圧強度を有し、内圧管として使用可能です。

長距離推進に最適

外圧に対するひび割れたい荷力が大きいため、曲線部を含む長距離推進が可能です。

流入管の接合に最適

管本体が複合構造で、また高耐荷力を有するため、加工しやすく、大きな開口が可能です。

従来品との接合に最適

様々な継手形状を製作できるため、従来の推進管を含めた多種の管と接続が可能です。

コンクリート製品
  • ヒューム管
  • 合成鋼管
  • ビックリート
  • JIP-パイプ
  • お見積もりのご依頼
  • 03-5733-2120

ページの先頭へ