既設管の耐震工法

非開削かつ低コストで人孔と管路接続部を耐震に改良できる工法です。

既設管路のマンホール接合部を現状の状態で施工し、耐震基準レベルIIに対応した継手を取付けることによって、耐震化構造にすることができます。
本工法は財団法人下水道新技術推進機構の建設技術審査証明を取得しています。(下水道技術第0414号「既設管の耐震改良工法」)

特長

優れた耐震性

地震動による地盤の変動や変位(水平変位・曲げ変位)追随し、柔軟に対応できます。

優れた施工性

新設および既設管路が取り付けられている、人孔の形状・サイズおよび形態(流入・流出、角度付・偏芯)に関係なく施工できます。

優れた経済性

廃棄材料が少なく、使用機材が簡便・軽量ですみます。地上作業の専有面積が狭いので交通等への影響が少なくなっています。


耐震改良工事例

耐震改良工事の様子

非開削工法により既設管路の耐震化に改良する様子を動画でごらんいただけます。

カタログ

優れた耐震性

PDF(3MB)


コンクリート製品
  • 耐震可とう継手
  • 耐震工法
  • 耐震改良工事例
  • お見積もりのご依頼
  • 03-5733-2120

ページの先頭へ